スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真を愛する皆様へ 「やまと景(やまとうつし)」のお願ひ

147_convert_20091027075843.jpg

いつもお世話になっております。本日は、皆様にご協力のお願いがあります。


当研究所ブログでは、ただこちらから一方的に文章を配信するだけでなく、ぜひとも写真を愛する皆様と一緒に手をとり、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、そして五感以外のさまざまな感覚、さまざまな想い・・・すべてが交わり、重なり、繋がり、混ざり、広がり、響き合う、一つの総合芸術を創作したい、みんなで一緒に感動できる作品を奏でたいと考えています。

その考えから今回「やまと景」を企画させていただきました。

景(うつし) という言の葉には、自然の風景のみならず、心の風景も併せて、そのあるがままの姿形を写し表現して欲しいというささやかな願いが込められております。


お題はずばり「やまと」


「やまと」という言の葉から連想・感応して撮った写真であれば、自然でも、野菜でも、神社でも、都会でも、食事でも、動物でも、ものでも、人でも、何でも結構です。もしかすると、外国にも「やまと」がひっそりと隠れているかもしれません。わたしたちの中に在る「やまとごころ」を研ぎ澄ませ、その目で日常を見渡してみましょう。

撮り方も、携帯で撮るのも良し、カメラで撮るのも良し。

春夏秋冬四季折々、それと共に時々刻々と人の心の移り行く、彩り豊かなやまと情緒を、皆様の感性で自由に表現していただき


「お名前(ペンネームでも可)、写真、やまと歌を一句(五、七、五、七、七の形式であればどのような内容でも結構です)、ひとこと感想」を明記の上

denshou_bunka@yahoo.co.jp

まで、送ってください。


送っていただいた写真の中からそのときの直感で、毎回のブログに写真とやまと歌を掲載させていただきます。


また、今後作品が集まりましたら定期的に「全国やまと景コンテスト」も開催させていただく予定ですので、楽しみにしていてくださいね。


写真を愛する皆様からの投稿を、心から楽しみにしています。


伝承文化研究所  拝

029_convert_20091027091254.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。