スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝承文化研究所 ブログはじめました

こんにちは。

この度、伝承文化研究所のブログを開設致しました。

当ブログでは主に

伝承文化研究所の日々の活動報告

日本の伝統文化に関する行事のご案内

当研究所で使用する教材のご紹介とその考察

所長小林隆の著書のご紹介

所員の個性溢れる徒然日記

などを掲載する予定です。

ぜひこのブログを、過去の伝統文化や歴史、先人の智恵から人間が生きるうえで大切なこととは一体何なのかを学び、現在の世界の現状を正確に把握し、自分の立ち位置、役割を理解し、その上で、人類の向かうべき未来を模索し考察するための一助としてご活用ください。

また、一生かけてもとうてい語り尽くすことのできないであろう、底知れぬ日本の伝統文化、言葉文化、和の精神の魅力と神秘についても、お伝えして参ります。

このブログが、人生という永くも瞬(みじか)い旅路を歩むのに、読者の皆様の何かしらのお役にたてたなら、望外の幸せです。


申し遅れました、ブログの更新は私、伝承文化研究所 企画・開発担当の逸見康成(へんみやすなり)が務めさせていただきます。これといった才能もなく、学問を始めたばかりの未熟者ゆえ、至らぬ点も多々あるかとは存じますが、不器用ながらも誠心誠意がんばって参ります。

さて、前置きが長くなりました。それではまず簡単にではありますが、伝承文化研究所の取り組んでいる事業内容について、ご説明させていただきます。

事業数が多く、旧字体の漢字もあって読みにくいかもしれませんが、詳しい内容につきましてはこれから順を追って一つ一つ取り上げ、噛み砕きながら更新させていただきますので、どうぞご安心ください。


~ 伝承文化研究所の行ふ事業 ~


一 美しい日本語教育の復活事業
 1 『百人一首』による言葉と心の教育普及事業活動
あ 『百人一首源平かるた』普及事業
い 『小林式かるた記憶學習術』の普及事業
う 『百人一首かるた』による交流活動事業
え 『百人一首』による言葉と心の教育にかかる制作出版頒布事業
お 『百人一首源平かるた』の普及に關する一切の事業

 2 学校教育に於ける言葉教育支援事業
  あ 新しい日本語教科書制作及び支援事業
  い 國語事業の他に小中学校で日本語授業を實現する支援事業
  う 日本語授業の指導者(教職員含む)育成研修事業
え 正仮名遣い並びに旧漢字の普及事業
お その他関連する一切の事業

 3 WEBによる美しい日本語の啓蒙普及事業
  あ WEBによる言靈文化の傳承事業
  い WEBを活用し美しい日本文化や言葉を傳承してゆく事業


二 寺子屋による人間形成事業活動
 あ 寺子屋の開塾、運営管理事業
 い 寺子屋指導者育成研修事業
 う 寺子屋カリキュラム制作事業
 え 寺子屋教則本制作出版事業
 お 右に関連するその他の一切の事業


三 美しい日本傅統文化の啓蒙傳承普及事業活動
 あ 日本の傅統文化及び傅統技術の紹介事業
 い 傅統文化及び傳承技術の交流事業
 う 傅統文化及び傅統工藝傳承者のネットワーク事業
 え 傳承物作り文化の啓蒙傳承普及事業
 お 右に関連するその他の一切の事業


四 日本の古典及び埋もれた良書を發掘制作出版頒布事業活動
 あ 日本の古典の素讀本並びに教則本の制作出版頒布事業
 い 埋もれた良書の發掘と編集制作出版事業


五 自然や國家と人間の関わりについて遊びを通して身に附ける事業活動


六 右の活動に関連する一切の事業



このようなことに取り組んでおります。


私事で恐縮ですが、私は4年前に伝承文化研究所の所長、小林隆先生に出逢うまでは、日本の伝統や文化に全くと言って良いほど知識もなく、理解もなく、当然のことながら興味など毛ほどもありませんでした。

ですが、先生に出逢い、学問に出逢い、お話を伺い、議論をし、ときにはけんかをしてぶつかり合い、涙を流しながら、いつの間にやら、次第に日本という国を通して、この世界の「実体」が(より正確には「本体」といったほうが適切かもしれません)おぼろげながら、見えてきました。そのおかげで、ひねくれ者で怠け者だった私でもどういうわけか学問が楽しくなり、「もっと日本を知りたい」「もっと世界を知りたい」「もっと学びたい」「もっと成長したい」と、素直におもえるようになってきました。

話し出すと止まらなくなるので今日はこの辺にしておきますが、このブログでは伝承文化研究所の一所員として、一学徒として、一人の人間として、日常に訪れるさまざまな心情、心境の変化や、学問をしていての疑問、発見、感動、苦悩なども交えながら、読者の皆様と楽しいひとときを過ごせれば幸いです。


それでは今後とも、伝承文化研究所をよろしくお願い致します。


逸見康成  拝
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。