スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を愛した外國人 日本の愛国心は、とりわけ、国と一体感を持った状態であり、超自然なものの差し出す形象を前にしての深い瞑想に私には思われる ポール・クローデル

047_convert_20091027091035.jpg


日本においては、超自然なものとは、要するに、自然以外の何ものでもないのです。超自然なものが文字通りに、超自然、すなわち、むき出しの事象が意味の領域へと移されて高次の真実性を獲得する領域なのです。超自然なものは、自然法則に異を唱えることはなく、むしろ、自然の神秘を強調します。そして、宗教の目的はひとえに、永遠の事象に照らして、精神を謙譲と沈黙の状態に置くことなのです。かくして、日本の愛国心は、とりわけ、国と一体感を持った状態であり、超自然なものの差し出す形象を前にしての深い瞑想に私には思われる。

ポール・クローデル(フランス) 詩人・外交官


今日は「國との一体感を持った状態」という言葉が、私の心に響いてきました。

人類が1つになるためにはおそらく波紋のように、まずは自分との一体感から始まり、家族との一体感、友人との一体感、地域との一体感、そして、「國との一体感を持った状態」があり、最終的には地球との一体感、宇宙との一体感と、順々に進み進みして拡がっていく必要があると考えています。

私は以前ある瞬間に突然、宇宙との一体になったかのような経験をしたことがありました。そのときは不思議な高揚感と優越感に浸っていましたが、上の考え方からいくと、おそらくその一体感というものは、非常に表面的なもので、或はもしかすると錯覺であり、まやかしだったのかなと、今振り返ってみると恥ずかしくなります。

本来の立つべき位置に、きちんと腰を据えて立つことが、大切ですね。

とにもかくにも、一にも二にも、まずは自分からです。


今日も一日、皆様の日々が、たくさんのまごころと輝きに包まれることを祈っております。

いつもご愛読ありがとうございます。
スポンサーサイト

日本を愛した外國人 彼らは理論づけるというよりも、ただ瞑想にふける。

104_convert_20091027091423.jpg

『自然』を愛することは自分自身の基本的な部分となっているので、彼らの心に映った『自然』の姿を考察する前に、表面に表された彼らの感情を考察した方が良さそうだ。極東の人達は美を夢見て長い白昼夢の中を生きている。彼らは理論づけるというよりも、ただ瞑想にふける。この瞑想とは"musuという言葉自体が示しているように美の神の霊感から発するものである。しかし、彼らにとっての美の神はギリシャ人が想像したように女性の姿をとらず、また、散文的な男性の姿をとるものではさらにない。われわれにとっては不自然のように思えるのだが、美の霊感は人間的な象徴を求めない。彼らにとっての美の神は人間に近いものではない。それはあまりに没個性的なもので、いかなる人格化もできないものである。なぜなら、美の神とは『自然』のことなのだ。

パーシヴァル・ローエル(米國) 天文學者


おはようございます。今日も氣持ち良い朝です。

今からあさびらき寺子屋、行ってきます。

こごえるて
ふとんのぬくもり
しろいいき

ふゆにまけるな
やまとたましひ

今日も皆様の日々が たくさんのまごころと輝きに包まれることを祈って。

いつもご愛読ありがとうございます。


逸見康成  拝

日本人は全身全霊でその技を使う。  パーシヴァル・ローエル(米國) 天文學者

極東の人(日本人のこと。彼はこう表現した)にとって、彼らの全存在を貫き、しみ込んでいるものが一つある。それは意識された思想内容というより、無意識な思考の型といった方が良いかもしれない。何故ならば、それは彼らの思想を形づくる或る一つの材料となるものではなく、彼らの全思想を形づくっているものなのだ。それは芸術である。彼らにとって芸術とは生まれながらにして持っている権利のようなものだ。彼らにとって芸術的感覚とは、直感的に順応できる本能の一種であり、それを表現するために遙か昔より代々その技を伝えてきた。彼らは全身全霊で驚くほど巧妙にその技を使う。彼らは頭のてっぺんから爪先まで芸術家である。手先の器用さにも感心させられるが、しかし彼らの芸術的感覚の鋭さにはさらに感嘆させられる。それは完璧なまでに芸術家である。

パーシヴァル・ローエル(米國) 天文學者



『古事記』や『萬葉集』などの古典に触れると、日本人は古来、すべての生きとし生けるものと感応・交信する藝術的感覚を確かに持っていたことを理解できます。その感性たるや、現代に生きる私たちの想像力をいとも簡單にとび超えてしまうような、まさしくローエルが感嘆、感心した壮大な世界が拡がっています。

この繊細で、鋭くて、壮大な感性を想い出すことが、世界を1つに繋げる非常に重要な鍵になる。そんな氣がしてなりません。

逸見康成 拝

すべての日本人に読んでもらいたい、珠玉の名文、贈ります。  フランスの神学者ポール・リシャル ☆転送歡迎☆

本日は、フランスの神学者、ポール・リシャルさんの書いた、私たち日本人に宛てた示唆深いメッセージをご紹介致します。

以下は、リシャルさんが日本に訪れ、3日間の瞑想に入った後、啓示されたと言われている文章です。

このような格調の高い文章は、できることなら声に出して読むことをお奨めします。目で追って読むのとは到底比べものにならないほど、言の葉が身体の細胞の隅々まで響き渡り、心の奥まで深く沁み、大切な何かに触れることができるからです。

それではどうぞ、ご堪能ください。



ポール・リシャル(フランス) 學者

 『日本の児等に!』

曙(あけぼの)の児等! 海原の児等!
花と焔(ほのほ)の國 力と美との児等!
聴け、(はて)涯しなき海の諸々(もろもろ)の波が、日出づる國の島を讃(たた)ふる榮誉の歌を。
汝の國に七つの榮誉あり。ゆえにまた七つの大業あり。
さらば聴け、その七つの榮誉と七つの使命とを。


一、獨り自由を失わざりし亜細亜唯一の民!汝こそ自由を亜細亜に与ふべきものなれ。


二、嘗(かつ)て他国に隷属せざりし世界唯一の民!一切の世の隷属の為に起つは汝の任なり。


三、嘗て滅びざりし世界唯一の民!一切の人類の幸福の敵を滅ぼすは汝の使命なり。


四、新しき科学と旧き智慧と欧羅巴(ヨーロツパ)の思想と亜細亜の精神とを自己の裏(うち)に統一せる唯一の民!此等二つの世界を、來るべき世の此等両部を統合するは汝の使命なり。


五、流血の跡なき宗教を有てる唯一の民!一切の々を統一して、更に神聖なる眞理を発揮するは汝なるべし。


六、建國以来一系の天皇、永遠に亘(わた)る一人の天皇を奉載せる唯一の民!汝は地上の天國に向かって、人は皆一天の子にして、天を永遠の君主とする一個の帝國を建設すべきことを教えんが為に生れたり。


七、萬國に優れて統一ある國民!汝は來るべき一切の統一に貢献をせんが為に生まれ、また汝は選士なれば、人類の平和を促さんが為に生まれたり。


曙の児等! 海原の児等!
斯くの如きは、花と焔の國なる汝の七つの榮誉、七つの大業なり。



いかがでしたでしょうか?実際に読んでみて、どのようなことを感じたでしょうか?

私はこの文章を読むと、どうやら私たち日本人は私たちが想像している以上に、とんでもなく大きな使命を果たすためにこの國に生まれてきたのではないかという、あたかも映画の主人公になったかのような、魂が武者震いするような、勇氣と希望がみなぎるような、なんともいえない感動が溢れてくるのと同時に、そんな大袈裟な、ばからしい、まさか日本という國に役割などという立派なものなどありはしないだろう、そんなたいそうなことできるわけがない、という疑惑の念や懐疑心、虚無感が押し寄せてきます。

感じ方は人それぞれ千差万別ですが、それを信じる信じないは別として、もしです。もし本當に、日本という國が「七つの營誉」を賜り「七つの大業」を与えられているのだとしたら。もし、もし本當に「來るべき一切の統一に貢献をせんが為に生まれ」「人類の平和を促さんが為に生まれ」た選士なのだとしたら。
私たちは、日本という國に誇りを持って、自信を持って、人類の平和のために、生きとし生けるすべてのもののために、みんなで力を合わせて生きることができると想うのです。それはとても素晴らしい世界だと想います。


日本とは、何か。


伝承文化研究所では、その深遠なる問いかけに、歴史、文化、伝統、教育、芸術、言葉、さまざまな角度から、皆様と一緒にその正体を探り、未来に希望ある想いを馳せて参ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。