スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十回和歌朗詠ライブ開催のご案内



6月7日(月)。




和歌朗詠ライブを開催します。



開催日時  平成二十二年六月七日 午後六時半開場  七時開演


開催会場  杉並区阿佐谷・名曲喫茶ヴィオロン
      (JR中央線・阿佐ヶ谷駅徒歩5分)
      會場住所  杉並区阿佐谷北二~九~五 
      会場問合せ 03(3336)6414


料  金 一千円(飲物代込み)

問合せ・ご予約連絡先


 携帯  090(8870)5361
 FAX 03(3319)5361
 メール denshou_bunka@yahoo.co.jp





今回のテーマは『吉野朝悲歌と建武中興』を豫定してゐます。



日本の歴史、いや日本が最も花開いた時期が鎌倉時代末期から室町時代初期のの建武中興の時期とゐへます。



幕末に於ける尊皇思想は、この時期を基としてゐると言つても過言ではありません。



後醍醐天皇、大塔宮親王、宗良親王、

楠公・楠木正成公、北畠親房、日野資朝、日野俊基、菊池武時、

その他數多の人物の業績は吉田松陰先生を始として西郷隆盛、藤田東湖など多くの志士達が心の目標と為されたのでした。



今回の和歌朗詠ライブは、この吉野朝に於ける日本の發露と和歌の朗詠を行ひ、

皆様に楽しんで頂きたく思つて居ります。



當日採り上げる悲歌の數々の一部をご紹介します。




後醍醐天皇



身にかへて思ふとだにも知らせばや
      民の心の治めがたさを



宗良親王



君がため世のため何か押しからむ

      捨ててかひある命なりせば



日野俊基



いにしへもかかる例をきく川の

      おなじ流れに身をや沈めむ



花山院師賢



思ひかね入りにし山を立ち出でて

      迷ふうき世もただ君のため



スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

武士道寺子屋まこと塾初級講座體驗募集

伝承文化研究所では、毎週土曜日夜武士道寺子屋まこと塾初級講座を開催しております。

今回の講座は、随時受講者を募集しております。

内容的には、吉田松陰先生の著書『講孟剳記』をテキストとして武士道を學び、
自らの人生を輝かせるに必要な智慧と心を育んで下さい。

武士道の精神を自らのものとした時、この人生は輝きます。

先づは體驗してみませんか。

   記

日時  毎週土曜日午後六時受付 六時半開始 九時半終了
    (但し、6月19日まで)


會場  中野区・スマイル中野三階会議室

内容  吉田松陰『講孟剳記』素讀と現代語譯音讀と解説
    議論
    和歌創作講座

参加費 一回 二千円

参加ご希望の方は、下記へ御問ひ合わせ下さい。


携帯電話  090-8870-5361  小林まで
FAX   03-3319-5361
メール   denshou_bunka@yahoo.co.jp









    






テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

皇居一般参賀のご案内

皆さん、こんにちは。

突然で恐縮ですが、12月23日の天皇誕生日、皇居に一般参賀に行きます。

主要な神社では「天長祭」と呼ばれ、天皇陛下の生誕を全国各地でお祝いします


365日毎朝欠かさず、日本国民が安らかであるよう、全世界が平和であるよう
、天下国家の弥栄をお祈りされている天皇様。

教科書で習った、日本国民統合の「象徴」と呼ばれる天皇様とは、一体全体どの
ような存在なのでしょうか。

日本に生まれてきた意味

和の心の元点

大和の魂の源点

神ながらの道の出発点

を、今一度問い直し、見つめ直してみましょう。

1年の中で天皇様に直接お目にかかれるのは、天長祭と正月のときに限られ、あ
さっては貴重な体験になると想います。

参加ご希望の方は、朝8時に東京駅丸の内中央口にご参集ください。お友達をお
誘い合わせいただいても結構です。

当日連絡は09084360628まで。

皆様とお逢いできますこと、楽しみにしております。

拙歌

神代より
日繼ぎ流わる
すめろぎの
真の道を
求めてしがな

逸見康成 拝

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。